茶会「ビロードをまとう」レポート

茶人・住田薫さん主催の茶会「ビロードをまとう」が7月18日に天鵞絨美術館にて開催されました。
弊社社員が試作で織っていた、平織り部分に透け感を持たせた綿ビロードに、住田さんが興味を持って下さったのが、茶会開催のきっかけとなりました。

ストライプ状の綿ビロード。藍染め。

初めに織っていたのは、ストライプ状の綿ビロードでしたが、今回の茶会用に、御簾風のビロードも織ることとなりました。
下の左写真の生地はライン部分にのみ切天鵞絨を施し、平織り部分は粗く織って透け感をもたせました。右写真の生地は輪奈天鵞絨の技法を使って製織し、本来は製織後に抜いてしまう、輪奈を作るための緯糸をあえて残したものです。

ライン部分が切天鵞絨。
輪奈天鵞絨の技法を使って製織した生地。

ビロードというと秋冬のイメージが強いですが、今回は天鵞絨部分はあえて控えめにラインを形成するためだけにとどめ、平織り部分は透け感をもたせることで、夏の暑い日にも涼やかに寄り添ってくれるビロードとなりました。

当初はビロードでつくった蚊帳のようなものに皆が包まれるような茶室を考案下さっていましたが、このコロナ時代に合わせて、個々人がビロードに包まれつつ、同じ部屋で飲食を共にしても不安感がないような設えにしてくださいました。

客ひとりひとりをビロードが包んでくれます。
座布団も綿ビロード製。
点前座に座っていらっしゃるのが、主催者の住田さん。

他にも床の間代わりに、袱紗にと、色んな形でビロードを使ってくださっていました。

床の間をイメージして。
綿ビロードの古袱紗。

お道具やお菓子も夏らしく凉し気で、かつ遊び心があるものを使って下さっていたり、また、withコロナ時代のお茶会として、「清める」や「喋る以外の手段で伝える」を茶道らしく大切になさったりと、見どころ・感じどころ満載の茶会となっていました。

改めまして、ご来場いただきました皆様と弊社のビロードを面白がってくださった茶人・住田薫さんに御礼申し上げます。