天鵞絨の起源

人の営みに寄り添うように、織物の歴史があります。

織物の歴史を紐解くとき、天鵞絨の出現は絹の発見を待たなければなりません。なぜなら、丈夫で細く長い経糸を必要とする天鵞絨にとって、天然素材では、絹しかその要件を満たす糸がないからです。

絹は、文献に記される遥に昔から、人によって生産されていたことが明らかになっています。初期の絹織物としては、浙江省呉興銭の遺跡で竹籠の中から発見されたものがあります。炭素年代測定によると、これらの断片は紀元前2850~2650年頃の地層にありました。その中の一つは平織りで、中国独自の蚕の絹糸で織られたことが判明しています。

天鵞絨の起源ともいえる一種のパイル・ブロケード(二色以上の色糸を用い、地織部分とは別にパイル状の浮き糸で模様を形成した織物)の最古は、湖南省の馬王堆(まおうたい)漢墓で発見されたもので、紀元前170年~145年頃のものと思われます。
馬王堆漢墓のある遺跡からは、15点の天鵞絨の先駆けのような毛羽立てた多色の経糸を使った絹織物が発見されました。そのうちの12点は、外衣の縁飾りでした。これらはおそらく、腕の良い織り手が素朴な織機で、パイルとなる糸を手作業で引き上げながら織ったのではないかと想像されます。それはこの時代においては革新の技であったでしょう。
また、馬王堆漢墓にある有名な長沙国丞相(じょうしょう)(だい)(こう)夫人の墓には、100例を超す絹織物や、絹の衣服が埋葬されていました。紗織で、無地のものがほとんどですが、こちらにも天鵞絨の先駆けのようなものがあります。浮かせた経糸を手で伸ばす技法で、小さな幾何学的モチーフをくり返す文様が入れられていたり、雲海、枝さんご、渦巻きうねる波、鳥、動物、そして神獣などの意匠が施されているのです。

職人達の美しいもの未知のものへの憧憬は、紀元前から今に至るまで、探求心と情熱をくすぐり続けているのでしょう。

参考文献:  フィリッパ・スコット, 世界の絹織物文化図鑑, 柊風舎, 2007

次回は、「彼の人とともにあった天鵞絨」と題して、歴史的著名人の天鵞絨にまつわるエピソードをお届けいたします。